発掘と復活。(ブロンプトンリア用リュック)

連休前にちらっと話した「連休で何をやりたいか」のうち、自転車の整備が一歩進みました。

5年前に買っておいて長らく保管していたリクセン&カウルの自転車用リュック。

このように、あらかじめ取り付けている専用アタッチメントでワンタッチ着脱。

普通の自転車でしたら走っている間にリュックの底とタイヤがこすれるところですが、小径車のためにその悩みは不要。

今まで、これにショッパーズバッグを取り付けて普通のリュックを入れていた「二度手間」を減らした形です。

リュック自体も悪くありません。これなら日々の通勤でも使えるスペックです。

そして、フロントバッグも追加。折りたたみ時に干渉しないような位置に取り付けられました。

この手の「使い勝手のよかったモノが使われていなかった」ってこの一年で如実になっています。

大鎌戦役ソロ(ザクセン vs ロスヴィエト)。

まとまった時間があると重ゲーがはかどります。

『アルルの丘』や『ガイアプロジェクト』に引き続きソロプレイを行ったのは

『大鎌戦役』。

  • 生産
  • 改善
  • 展開(メック配置)

などのエンジンビルドと

  • エリアマジョリティ
  • 直接戦闘

などの強いインタラクションが魅力。今回利用したのは

ザクセン帝国。そして、相手は

ロスヴィエト連邦と、因縁の相手です。

結果はなんとか勝利。ソロモードは徴兵による間接的なアドバンテージを稼げないのが痛かったです。

デジタルとアナログの銀河開拓。(ガイアプロジェクト)

『アルルの丘』に引き続き、重ゲーをこなしました。

地球人を含む宇宙の種族が銀河各地を開拓していく『ガイアプロジェクト』。まずは動きを確実にするため、Steam版を数回プレイし、強い動きを学びました。

そして物理。前回はセットアップ直後に猫に乗られてしまいましたが今回はOKでした。

第1Rで資源計算を誤ってしまい、思った以上に得点は伸びず。

それでも、この、

  • エリアマジョリティ
  • リソースマネジメント
  • 強いインタラクションの読み合い

は、さすが、ユーロゲーです。

《意外な授かり物/Windfalls》(MacBook Air入手)

あまりにも予想外の展開が待っていました。

家族から「Macを初期化したい」言われ、

  1. 電源投入
  2. Command+Rを押し続け
  3. ディスクユーティリティでHDDを初期化
  4. MacOS再インストール

にて完了。それを渡したら「廃棄のために初期化してほしかったから。使うのならどうぞ」と

と、既存のiPhone/iPad miniと併せて「三種の神器」がそろってしまいました。

  • 8GB メモリ
  • 250GB SSD
  • Core i5 CPU

と、2017年モデルながら普段使いに使うには十分なスペック。取り急ぎ、ブラウザの設定だけはしましたので、これを使いやすくする工夫をしていきます。

夏の東フリジアの開拓。

準備やプレイ時間、収納に時間がかかりますけれども、このボードゲームは大好きです。

連休初日――

『アルルの丘』をソロプレイ。(拡張込み)

  • 最初から全てのアクションがオープン
  • ワーカー4人完全固定
  • 条件によりアクションが強くなる
  • 旅や加工といったフリーアクションの多彩さ

が特徴で、何よりもこの膨大なコンポーネント広大なスペース。こういうときぐらいしか遊べません。

  • 畜産
  • 農耕
  • 干拓
  • 建築
  • 陸路/海路での交易

など、やることたくさん。今回は得点を気にせずやりたいようにのびのびとした箱庭が構築できました。

連休前の一段落。(2021年7月21日のZENタイル)

朝からの暑さがヘビーすぎた一日。不具合を見落としていましたのでちょいへこみ。

ですが、これが過ぎれば連休(&夏休み)で乗り切れました。

ストレスから解放されたのか、体も一気に軽くなり、室内のミニチュア撮影も新たな道が開けました。

この期間を有意義に過ごすためにも、やりたいことを今のうちに書いておきます。

  • 重いボードゲームの消化
  • 模型の制作

まではゴールデンウィークにもやったことですが、今回はそれに加えて

「自転車の再整備」

を加えたいと思います。推敲できるかは今後次第、です。

マクロレンズでの料理。

自分の得意分野の一つが料理撮影だったのに、このレンズでは余り撮影していなかったなと。

全景が撮れないのを逆手に取り、

  • 鶏皮の煮込み
  • あじの南蛮漬け
  • ソーセージとミニトマト

など、食材や当たる光、そして空白を強調。

自分が小さくなったような錯覚を覚える画角は得がたいものですから、日々、撮っていきます。

猛暑、襲来。(2021年7月19日のZENタイル)

見事なまでにマイナスがほとんどという一日。

今年もまた、酷暑がやってきて…… 「水分補給に失敗」しかけました。正確には、補給のタイミングを間違えました。

今までのように職場について飲むでは足りないという。また、日差しも強烈なので

  • 水筒
  • サングラス

の必要性を強く感じました。

休日の驚き。(2021年7月18日のZENタイル)

日曜日――

まだまだ出かけられる状況ではないのでいつものように

室内でのフィギュア撮影や

ボードゲームのソロに興じていたのですが、お昼下がりに驚きのイベントが待っていました。

長らく連絡を取っていなかった恩師からの連絡。

この御時世でも息災なことに安堵しましたし、同窓の近況を知ることができたのも安堵。

頭痛で目が覚めたことも、副反応での腕のかゆみも吹っ飛んだような「驚」きが待っていたわけで。

ボードゲーム『ダイブ!』開封。

ネットで見かけ、コンポーネントに惹かれて購入したボードゲーム『ダイブ!』開封です。

箱絵とタイトルの通り、ダイビングがテーマとなっています。

内容はボード、トークン、カードと至ってシンプルです。

特に目を引くのが、このゲームのキモとなっている透明の海洋ボード。これを積み重ねて、海洋の層を表現しているうまい仕組みになっています。

このシート、海面や海中のアクセサリとしてもピッタリです。

それはさておき、開封と収納で驚いたのが

全てのコンポーネント(タイルに至るまで)専用の置き場がもうけられていること。アクションプロットに使う丸いトークンまできちんと収納できるのは美しいです。

あとは、ソロプレイのルールを読み込んでいく作業です。

Page 1 of 116

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén