タグ: mod security

Lightsail上で稼働するSnipe-ITの後処理。(含むMod_Security連携)

ローカル環境からインターネット環境へと移行した資産構成ツールSnipe-IT。これの後処理を行います。

既存の問題に対処

画像をアップロードしても、このように

“Failed to load image”と出て表示されませんでした。

https://github.com/snipe/snipe-it/issues/8701

そのものズバリのissueを発見。

.envファイルのAPP_URLを「httpから始まるドメイン」に変更してapache再起動にて治りました。

APP_URL=http://ドメイン

常時SSL化とMod_Security連携

そして、同じサーバのredmineにMod_Securityが稼働しているので、こちらも利用しない手はありません。

前提:

こちらの通り、

  • Mod_Security有効化
  • 検知したIPアドレスの抜き出ししてブロックできるようにする

処理を事前に施しています。

confファイル修正

sudo vi /etc/apache2/sites-available/snipeit-le-ssl.conf
confファイル内容
<VirtualHost _default_:80>
ServerName ドメイン名
 RewriteEngine On
        RewriteCond %{HTTPS} off
        RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
# 強制的にhttps通信に飛ばします
</VirtualHost>

<VirtualHost *:443>
    ServerName ドメイン名
    CustomLog /var/log/redmine/asset_access.log combined
    ErrorLog /var/log/redmine/asset_error.log
 # redmineのログプラグインで参照できるようにしています

# Mod Security
SecRuleEngine On
## ModSecurity有効化
SecRequestBodyInMemoryLimit 524288000
SecRequestBodyLimit 524288000
## ファイルのアップロードをできるようにします。
SecRuleRemoveById 949110
SecRuleRemoveById 941310
SecRuleRemoveById 980130
SecRuleRemoveById 911100
SecRuleRemoveById 200002
SecRuleRemoveById 200003
SecRuleRemoveById 200004
SecRuleRemoveById 959100
## 念の為、redmineで偽陽性となったフィルタをそのまま除外するようにしています
    SecRule ARGS:modsecparam "@contains test" "id:4321,deny,status:403,msg:'ModSecurity test rule has triggered'"
## テスト用の検知パラメータを付け加えます。

## Negativelist
SecRule REMOTE_ADDR "@pmFromFile negativelist.txt" "phase:1,id:2,deny,msg:'Negativelisted IP address'"
# エラーログを検知した際に検出した不審なIPアドレスを全てブロックする設定です

    DocumentRoot /var/www/html/snipe-it/public
    <Directory /var/www/html/snipe-it/public>
        Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
        AllowOverride All
        Require all granted
    </Directory>

  SSLEngine on
    SSLProtocol All -SSLv2 -SSLv3  -TLSv1
     SSLCipherSuite ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384:DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:DHE-DSS-AES128-GCM-SHA256:kEDH+AESGCM:ECDHE-RSA-AES128-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-SHA:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA:ECDHE-RSA-AES256-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA384:ECDHE-RSA-AES256-SHA:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA:DHE-RSA-AES128-SHA256:DHE-RSA-AES128-SHA:DHE-DSS-AES128-SHA256:DHE-RSA-AES256-SHA256:DHE-DSS-AES256-SHA:DHE-RSA-AES256-SHA:AES128-GCM-SHA256:AES256-GCM-SHA384:AES128-SHA256:AES256-SHA256:AES128-SHA:AES256-SHA:AES:CAMELLIA:DES-CBC3-SHA:!aNULL:!eNULL:!EXPORT:!DES:!RC4:!MD5:!PSK:!aECDH:!EDH-DSS-DES-CBC3-SHA:!EDH-RSA-DES-CBC3-SHA:!KRB5-DES-CBC3-SHA
SSLHonorCipherOrder On 
SSLOptions +StrictRequire
Header set Strict-Transport-Security: "max-age=31536000; includeSubDomains; preload"

SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/Let's Encryptで指定したドメイン/fullchain.pem
SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/Let's Encryptで指定したドメイン/privkey.pem

</VirtualHost>

conf反映

sudo a2dissite snipeit.conf
# 最初に設定していたhttp通信のみのconfを無効化します
sudo apache2ctl configtest
# Syntax OKを確認します
sudo systemctl restart apache2

sudo chown www-data:www-data /var/lib/redmine/log/asset*
# redmineのログプラグインが参照できるよう、上記設定したログの所有者を変更します

これにより、常時SSL通信を行いつつ、不正アクセスの脅威をある程度守ることができます。

Mod Securityが検知したIPアドレスの抜き出し。

やりたいこと

Mod Securityを導入してから、不正アクセスがerror.logに現れるようになりました。
そのアドレスをネガティブリストに放り込むことで後続のアクセスをブロックする方法は設定しました。

そこで、

  • 日ごとにerror.logで検知したログを確認し
  • IPアドレスのみを抜き出してリスト化する

設定を行います。

環境

  • Ubuntu 20.04(Linux Mint)
  • Apache 2.4
  • Mod Security

※ログは/var/lib/redmine/log に格納されています。

手順

一般ユーザで実施します。

参考:

https://linux.just4fun.biz/?%E9%80%86%E5%BC%95%E3%81%8DUNIX%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89/%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%81%8B%E3%82%89IP%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%81%BF%E6%8A%BD%E5%87%BA%E3%81%99%E3%82%8B

apacheのerror.logからIPアドレスを抜き出します。

cd /var/lib/redmine/log
cat error.log | awk 'match($0,/[0-9]+\.[0-9]+\.[0-9]+\.[0-9]+/) { print  substr($0, RSTART, RLENGTH) }'
# IPアドレスのみ表示されることを確認。

IPアドレスを並べ替え、重複を除外します。

cd /var/lib/redmine/log
cat error.log | awk 'match($0,/[0-9]+\.[0-9]+\.[0-9]+\.[0-9]+/) { print  substr($0, RSTART, RLENGTH) }' | sort | uniq
# 一意のアドレスのみが表示されることを確認。

自動実行するスクリプトを作成します。

cd /hoge/
vi negativelist.sh
スクリプト内容
#!/bin/sh

SHELL=/bin/sh
PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin

cd /var/lib/redmine/log
cat error.log | awk 'match($0,/[0-9]+\.[0-9]+\.[0-9]+\.[0-9]+/) { print  substr($0, RSTART, RLENGTH) }' | sort | uniq > /var/lib/redmine/log/suspicious_ip.`date +%Y%m%d`

スクリプトに実行権限を付与します。

chmod +x negativelist.sh

日ごとに実行されるように設定します。

sudo su -
crontab -u www-data -e
# redmineのログプラグインで閲覧できるよう、apache実行ユーザのcronを編集します
cron内容
0 8 * * * /hoge/negativelist.sh

これで、「Mod Securityが不正アクセスと見なしたIPアドレスを日ごとに抜き出す」仕組みが整いました。

(シェルスクリプトで指定したディレクトリ内に、suspicious_ip.yyyymmdd というファイルが作成されます。
 また、/var/lib/redmine/log 配下に置くことで、redmineのログプラグインで表示することができます。)

直接ネガティブリストに追記しないのは、偽陽性で自分自身がブロックされるのを防ぐためです。

Mod SecurityによるIPアドレスブロック。(ネガティブリスト型)

攻撃の兆候

Mod Securityを導入して一昼夜――

公表していないURLであるにも関わらず、しっかりと攻撃の予兆がログに現れました。

※この方法で、サーバにアクセスすることなく、redmineへのログを一元管理しています。

この、不正アクセスの予兆を示したアクセス元を調べると

Torから来ている望ましくないものまであり、昨今の驚異を嫌でも感じずにいられません。

そこで、Apacheの設定ファイルではなくMod Securityの機能を用いてIPアドレスを遮断していきます。

参考:

Apache×Mod SecurityでカンタンWAF構築

https://qiita.com/m0nch1/items/ac7255399366fb113a82

環境

  • Ubuntu 20.o4 (Linux Mintでも同様)
  • Apache 2.4
  • Mod Security導入済み

手順

すべて管理者権限で実施しています。

バーチャルファイル編集

vi /etc/apache2/sites-available/VIRTUALHOST.conf
# 使っているバーチャルファイルに読み替えます
追記内容
## Negativelist
SecRule REMOTE_ADDR "@pmFromFile negativelist.txt" "phase:1,id:2,deny,msg:'Negativelisted IP address'"

ネガティブリスト作成

vi /etc/etc/apache2/sites-available/negativelist.txt
ネガティブリストの内容
XXX.XXX.XXX.XXX
YYY.YYY.YYY.YYY
#ブロックしたいIPアドレスを記入していきます
# 設定確認のため、自分自身のアクセス元を記入しました

ネガティブリスト反映

cd /etc/apache2/site-enabled
ln -s ../sites-available/negativelist.txt negativelist.txt
# 設定ファイルの位置を明示していないのでシンボリックリンクを張ります

設定変更

apache2ctl configtest
#Syntax OK を確認します
systemctl restart apache2

設定確認

上記手順で、「自分自身をブロックする」設定を入れ、redmineにアクセスして「403」が返ってくることとエラーログにその旨が記録されていることを確認。(その後、このアドレスは削除しています)

今後の展望

  • 不正アクセスを検知したらそのIPアドレスを自動的に追記する
  • 数が増え続けるため、いっそのことポジティブリストに切り替える

などが必要になってきます。

Apache + redmine環境にMod Security導入。

インターネット環境に構築したredmineに不正アクセスが飛んでくるというエントリーを投稿したところ、

「Mod Security導入も一つの手」

というコメントをいただき、早速導入することにしました。

環境

  • Ubuntu 20.04 (Linux Mintでも動作確認済み)
  • Apache 2.4

参考

インストール方法

全て管理者権限で実施しました。

システム全体のアップグレード

aptitude update
aptitude upgrade

Ubuntu 20.04にMod Securityをインストールします。

aptitude install libapache2-mod-security2
systemctl restart apache2

ModSecurity 設定ファイル/ディレクトリをコピーしていきます。

cp -pi /etc/modsecurity/modsecurity.conf-recommended /etc/modsecurity/modsecurity.conf
cd /tmp
git clone https://github.com/SpiderLabs/owasp-modsecurity-crs.git
cd /owasp-modsecurity-crs
cp -pi crs-setup.conf.example /etc/modsecurity/crs-setup.conf
cp -pir rules/ /etc/modsecurity/

ModSecurityの設定を行います。

vi /etc/apache2/mods-available/security2.conf
設定ファイル内容
<IfModule security2_module>
   # Default Debian dir for modsecurity's persistent data
   SecDataDir /var/cache/modsecurity

   # Include all the *.conf files in /etc/modsecurity.
   # Keeping your local configuration in that directory
   # will allow for an easy upgrade of THIS file and
   # make your life easier
   IncludeOptional /etc/modsecurity/*.conf
   Include /etc/modsecurity/rules/*.conf
</IfModule>

設定反映

systemctl restart apache2

redmine設定ファイル修正

vi /etc/apache2/sites-available/VIRTUALHOST.conf
# 各自のバーチャルホストファイルに読み替えます
追記内容
# Mod Security
SecRuleEngine On
## ModSecurity有効化
SecRequestBodyInMemoryLimit 524288000
SecRequestBodyLimit 524288000
## ファイルのアップロードをできるようにします。
SecRuleRemoveById 949110
SecRuleRemoveById 941310
SecRuleRemoveById 980130
SecRuleRemoveById 911100
SecRuleRemoveById 200002
SecRuleRemoveById 200003
## 上記を無効化しないとチケット更新時にエラーとなりました(偽陽性)ため、上記ルールを除外します。
    SecRule ARGS:modsecparam "@contains test" "id:4321,deny,status:403,msg:'ModSecurity test rule has triggered'"
## テスト用の検知パラメータを付け加えます。

設定反映

systemctl restart apache2

設定確認

ブラウザから

http://your-site-domain/redmine/?modsecparam=test

にアクセスし、「Forbidden」が表示されることを確認します。

また、

  • チケットの更新ができること
  • ファイルのアップロードができること

をそれぞれ確認しました。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén