タグ: BookStack

BookStackをnginxで動かす場合の設定。

デスクトップPCとしてのLinux利用(Kubuntu 22.04インストール後にやったこと) – Manualmaton's Laboratory

こちら、ローカルサーバとして運用することにしています。

公開しているサイトと異なりnginxで動かしているので、その場合のメモです。

環境

  • Ubuntu 22.04
  • 適切に名前解決できる
  • ドメイン名に沿った証明書がある
    • 筆者はmkcertでローカル証明書を作っています

インストールして最初の設定が終わっている状態です。

nginxインストール

sudo aptitude install nginx

mysqlインストール

sudo aptitude install mysql-server mysql-client libmysqlclient-dev

sql設定変更

sudo cp -pi /etc/mysql/mysql.conf.d/mysqld.cnf /path/to/backup/mysqld.cnf.$(date +%Y%m%d)
# 任意のバックアップディレクトリを指定します。
# .$(date +%Y%m%d)をつけることで、バックアップファイルは当日日付(YYYYMMDD形式)で記録されます

diff -u /etc/mysql/mysql.conf.d/mysqld.cnf /path/to/backup/mysqld.cnf.$(date +%Y%m%d)
# バックアップが取れていることを「差分が存在しないこと」で確認します

echo -e "default_authentication_plugin=mysql_native_password" | sudo tee -a /etc/mysql/mysql.conf.d/mysqld.cnf
# mysqld.cnfに追記をします

MySQL再起動

sudo systemctl restart mysql.service

MySQLのrootパスワード変更

sudo mysql
ALTER USER 'root'@'localhost' IDENTIFIED WITH mysql_native_password BY 'password';
flush privileges;
exit

運用に合わせて適切なパスワードを設定します。

mysql-secure-installation

sudo mysql_secure_installation

詳しい設定は以下に記しています。

https://atelier.reisalin.com/projects/zettel/questions/5-mysql_secure_installation

phpのインストール

https://barrel.reisalin.com/books/nextcloud/page/1-1-nextcloud

自サイトを参考にしていますが、一部異なります。

PHPレポジトリを追加して必要パッケージをインストールします。

  • レポジトリ追加
sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php

Ubuntu20.04系ではこれを行わないとPHP7.4系しかインストールされません。

  • パッケージアップデート
sudo aptitude update
  • php インストール
sudo aptitude install php8.1
sudo aptitude install php8.1-{opcache,pdo,bcmath,calendar,ctype,fileinfo,ftp,gd,intl,json,ldap,mbstring,mysql,posix,readline,sockets,bz2,tokenizer,zip,curl,iconv,phar,xml,dev,fpm}
#fpmを入れる必要あり

nginx環境でも動かすため、php(バージョン)-.fpmを入れます。

  • apache無効化
sudo disable apache2.service

依存関係でapache2も一緒にインストールされるので、ここで停止させます。

Composerインストール

https://barrel.reisalin.com/books/bookstack/page/bookstackubuntu2004

同じくこちらにメモを残しています。

  • インストール
  • ディレクトリ移動
cd /hoge

任意の作業ディレクトリに移動します

  • インストーラーのダウンロード
sudo php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
  • インストール
sudo php composer-setup.php
  • インストーラーのリンク解除
sudo php -r "unlink('composer-setup.php');"
  • コマンドのパスを移動
sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer
  • composerに実行権を付与
sudo chmod +x /usr/local/bin/composer
  • バージョン確認
composer --version

バージョンが表示されることを確認します。

DBを作成します。

  • mysqlログイン
mysql -u root -p
CREATE DATABASE bookstack character set utf8mb4;
CREATE USER 'bookstackuser'@'localhost' IDENTIFIED BY 'password';
GRANT ALL PRIVILEGES ON bookstack.* TO 'bookstackuser'@'localhost';
FLUSH PRIVILEGES;
EXIT;

DB名/パスワードはポリシーに応じて適切なものを指定します。

BookStackの配置

  • プログラム配置
cd /home/www-data
# パーティションの都合上、/home/www-dataに置いています。
# 環境に合わせて適切なWebサービス公開ディレクトリを指定してください。

sudo git clone https://github.com/BookStackApp/BookStack.git --branch release --single-branch 
sudo chown -R www-data:www-data BookStack
cd BookStack
  • 設定ファイル編集
sudo cp -pi .env.example .env

教義・信仰に沿ったエディタで以下を編集します。

APP_URL=https://hoge.example.com
# 公開用URLを指定します

# Database details
DB_HOST=localhost
DB_DATABASE=bookstack
DB_USERNAME=bookstackuser
DB_PASSWORD=password
# DB名、パスワードなどは先ほど作成したものです。
  • マイグレート
sudo -u www-data composer install --no-dev --optimize-autoloader
sudo -u www-data php artisan key:generate
sudo -u www-data php artisan db:seed --force
sudo -u www-data php artisan migrate --force

Nginx設定

  • 設定ファイル作成
    • /etc/nginx/site-available/bookstack.conf
  • ファイル内容
server {
    listen       443 ssl http2;
    listen       [::]:443 ssl http2;
    # サーバ名を指定します。
    server_name  hoge.example.com;
        server_tokens off;
        ssl_session_timeout 1d;
        ssl_session_cache shared:SSL:50m;
        ssl_session_tickets off;
        ssl_ciphers ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-ECDSA-CHACHA20-POLY1305:ECDHE-RSA-CHACHA20-POLY1305:DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384;
        ssl_prefer_server_ciphers off;
        add_header Strict-Transport-Security 'max-age=63072000';

    # 任意のログディレクトリを指定します。
    access_log  /var/log/nginx/bookstack/access.log;
    error_log   /var/log/nginx/bookstack/error.log;
    # SSL証明書を指定します。
    ssl_certificate      /path/to/ssl_certificate/hoge.crt;
    # SSL秘密鍵を指定します。
    ssl_certificate_key  /path/to/ssl_key/hoge.key;

    # BookStackが置かれているディレクトリです。/publicは必ず指定します。
    root /home/www-data/BookStack/public;
    index index.php index.html;

    location / {
      try_files $uri $uri/ /index.php?$query_string;
    }

    location ~ \.php$ {
      fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(/.+)$;
      include fastcgi_params;
      fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
      fastcgi_param PATH_INFO $fastcgi_path_info;
      fastcgi_pass unix:/run/php/php8.1-fpm.sock;
    }
}

# 強制的にhttps通信
server {
    listen       80;
    listen       [::]:80;
    server_name  veritas.lumos;
    return 301   https://$host$request_uri;
}

nginx設定を有効化します。

  • ディレクトリ移動
cd /etc/nginx/sites-enabled
  • 初期設定ファイルを無効
sudo unlink default
  • 設定有効化
sudo ln -sf /etc/nginx/site-available/bookstack.conf bookstack.conf
  • 構文チェック
sudo nginx -t

エラーがないことを確認します。

  • nginx再起動
sudo systemctl restart nginx.service

インストール確認

設定したドメインにブラウザでアクセスし、ログイン画面が出てくれば成功です。

Linuxを入れたLet’s noteにWebアプリを導入。

週末はこちらの設定をずっと行っていました。

Growiのインストール

これは絶対に行いたいものでした。「個人のWiki/メモサイト」という性質上、宅内NWにしか置けなかったものです。

しかし、階層ごとに文書を管理したり、各種Markdownの入力補助が豊富なこのシステムは一丁目一番地として導入したいと考えていました。

https://atelier.reisalin.com/projects/zettel/knowledgebase/articles/77

のサイトを参考に、ローカルホストでのみ動くGrowiがようやく完成です。

BookStack

これもこれで入れておきたいシステム。Growiが日付ごとの記録を行ってくれるなら、こっちは分野ごとの整理にちょうどいいのです。

https://barrel.reisalin.com/books/bookstack/chapter/1bookstack

こちらの自サイトを参考にインストールしていったものの、Growiのリバースプロキシにnginxを利用したため、導入は少し勝手が違いました。

その当たりのルールは改めて記述するとして

無事、動いたことが確認できて良かったです。

BookStack内のリンクを新しいタブで開く。

とても簡単で、あっさりできるTIPSです。

参照

手順

  1. BookStackに管理者権限でログインします。
  2. 設定>カスタマイズに移動します。
  3. カスタムheadタグに以下を入力し、保存します。
<script type="module">
    const links = document.querySelectorAll('.page-content a');
    for (const link of links) {
        link.target = '_blank';
    }
</script>

動作確認

BookStackでリンクを含む記事をクリックし、新しいタブで開くことができれば完了です。

BookStackのバージョンアップ手順。(BookStack v23.08.3 → BookStack v23.10.4)

概要

運用しているBookStackのバージョンアップを行います。

環境

  • Ubuntu 20.04
  • Apache 2.4系
  • PHP 8.1
  • MySQL 8系

手順

https://www.bookstackapp.com/docs/admin/updates/

ほぼ、こちらの公式記事の通りに行いました。

BookStackのディレクトリに移動

  • ディレクトリ移動
cd /var/lib/BookStack/ && pwd

インストールされているディレクトリを指定します

アップグレード

  • git pull
sudo -u www-data git pull origin release
  • 実行例(一部抜粋)
 tests/LanguageTest.php                                                              |   19 +-
 tests/Permissions/RolePermissionsTest.php                                           |   16 +-
 tests/PublicActionTest.php                                                          |    4 +-
 tests/PwaManifestTest.php                                                           |   72 ++
 tests/SecurityHeaderTest.php                                                        |   11 +-
 tests/Settings/TestEmailTest.php                                                    |    6 +-
 tests/TestCase.php                                                                  |   38 +-
 tests/ThemeTest.php                                                                 |   44 +-
 tests/Uploads/AvatarTest.php                                                        |   62 +-
 tests/Uploads/ImageTest.php                                                         |   28 +-
 tests/User/UserApiTokenTest.php                                                     |   86 +-
 tests/User/UserManagementTest.php                                                   |    6 +-
 tests/User/UserMyAccountTest.php                                                    |  339 ++++++++
 tests/User/UserPreferencesTest.php                                                  |  164 +---
 tests/User/UserSearchTest.php                                                       |    3 +-
 version                                                                             |    2 +-
 557 files changed, 14110 insertions(+), 5348 deletions(-)
 rename app/{Notifications/ConfirmEmail.php => Access/Notifications/ConfirmEmailNotification.php} (82%)
  • アップグレード
sudo composer install --no-dev
  • 実行例(一部抜粋)
  - Upgrading psy/psysh (v0.11.20 => v0.11.22): Extracting archive
  - Upgrading laravel/tinker (v2.8.1 => v2.8.2): Extracting archive
  - Upgrading mtdowling/jmespath.php (2.6.1 => 2.7.0): Extracting archive
  - Upgrading aws/aws-sdk-php (3.279.2 => 3.283.8): Extracting archive
  - Upgrading league/flysystem-aws-s3-v3 (3.15.0 => 3.16.0): Extracting archive
  - Upgrading phpseclib/phpseclib (3.0.21 => 3.0.23): Extracting archive
  - Upgrading predis/predis (v2.2.1 => v2.2.2): Extracting archive
  - Upgrading socialiteproviders/manager (v4.3.0 => v4.4.0): Extracting archive
Generating optimized autoload files
> Illuminate\Foundation\ComposerScripts::postAutoloadDump
> @php artisan package:discover --ansi

   INFO  Discovering packages.  

  barryvdh/laravel-dompdf ................................................................................................... DONE
  barryvdh/laravel-snappy ................................................................................................... DONE
  intervention/image ........................................................................................................ DONE
  laravel/socialite ......................................................................................................... DONE
  laravel/tinker ............................................................................................................ DONE
  nesbot/carbon ............................................................................................................. DONE
  nunomaduro/termwind ....................................................................................................... DONE
  socialiteproviders/manager ................................................................................................ DONE

62 packages you are using are looking for funding.
Use the `composer fund` command to find out more!
> @php artisan cache:clear

   INFO  Application cache cleared successfully.  

> @php artisan view:clear

   INFO  Compiled views cleared successfully.  

自分の環境ですとキャッシュのクリアなどは自動的に行うため、上記URLの追加手順は不要でした。

バージョンアップ確認

  1. BookStackがインストールされているURLにアクセスします。
  2. 管理者権限でログインします。
  3. 設定のシステムバージョンが以下、作業時の最新版になっていれば成功です。

スリーブ新調、リストの移行。(MtG統率者戦)

少し離れていたMtG統率者戦のデッキをいじる機会がありました。

スリーブ入れ替え

そのきっかけとなったのはこちら。アニメ版『ライザのアトリエ』のキャラクタースリーブを手に入れたことです。

発売されていると聞いていたものの、店には売られておらず入手を諦めていたところに、公式サイト(Aniplex Plus)にて販売を確認。

即座に注文して届いたという次第です。

スリーブも入れ替えて、デッキもより愛着がわいてきました。

デッキリストの移行

スリーブ入れの合間、デッキリストをRedmineでの公開からBookStackへと移行。

https://barrel.reisalin.com/shelves/ac1dd

それっぽいイメージをBing Image Creatorにて抽出。

https://barrel.reisalin.com/books/7380a

この、BookStackならば、一つの統率者をテーマに

  • デッキリストの変遷
  • 対戦メモ

等を記すことができますし、「いつ記録したか」の履歴を追うこともできます。

Redmineより視認性が高いのもまたナイスです。

BookStack、テンプレートとアクセス権。

この合わせ技によって、効率的な記入ができるようになります。

BookStackのテンプレート機能

  • 議事録
  • 報告書
  • 購入記録

など、書くフォーマットが決まっている文書はかなりあります。そのテンプレートの使い方が以下の通り。

テンプレート機能の設定方法

  • 任意の文章を作成します。
  1. 右のボタン「テンプレート」をクリックします。
  2. テンプレートに設定するにチェックを入れて保存します。

一度保存してしまえば、どのブックのどのページでも参照できます。

閲覧権限の設定

非常に便利な機能ですが、一般公開しているURLに設定していると、このテンプレートが閲覧されます。

そこで使うのが「権限設定」です。

  1. テンプレートを設定したページに移動します。
  2. 「権限」をクリックします。

権限を設定します。(以下、設定例)

  1. 権限を上書きする役割:Viewer(ログインしなくても閲覧できる役割)
  2. 権限:なし(全てのチェックを外す)
  3. その他の全員:「デフォルトを継承」のチェックを外します。

設定後、保存をします。

設定確認

ブラウザのゲスト機能などを用いて、ログインしていない状態で、先ほど権限を設定したURLにアクセスします。

閲覧できないことを確認します。

これで、管理者だけがテンプレートを参照できる環境ができます。

BookStackの画像格納ディレクトリを別パーティションに格納。

概要

BookStackをより安全に運用するため、別パーティションに格納します。

以前やったこの手法がそのまま使えました。

前提

  • 既にBookStackが運用されていること。
  • 別のストレージにマウントされている格納用ディレクトリがあること。
  • 筆者はクラウドストレージ「wasabi」を利用しています。

さっくりとした手順

  1. 別パーティションに格納用ディレクトリを作成します。
  2. 既存のimagesディレクトリを格納ディレクトリにコピーします。
  3. 既存のimagesディレクトリの参照先を変更します。
  4. 動作を確認します。

格納用ディレクトリ作成

  • 別パーティションに格納用ディレクトリを作成
sudo mkdir -p /path/to/directory/bookstack/images
# 適切なパーティション内のディレクトリを指定します。
# 筆者環境: /mnt/wasabi/bookstack/images
  • 作成ディレクトリの所有者変更
sudo chown -R www-data:www-data /path/to/directory/bookstack/images

配置済みのディレクトリコピー

  • ディレクトリ移動
cd /home/www-data/bookstack/public/uploads/images && pwd
# 格納ディレクトリに移動します。(自分の環境に合わせます。
  • imageディレクトリ内一式を格納ディレクトリにコピー
sudo cp -pir ./* /path/to/directory/bookstack/images
# 筆者環境:
# sudo cp -pir ./* /mnt/wasabi/bookstack/images/
  • コピー確認
ls -la /path/to/directory/bookstack/images

imagesディレクトリの参照先変更

  • imageディレクトリ退避
    • mvにより、オリジナルのディレクトリを保持します。作業が完了したら削除するなりバックアップを取るなりしてください。
cd /home/www-data/bookstack/public/uploads
ls -lad images
# imagesディレクトリがあることを確認

sudo mv images images_org

ls -lad images
# imagesディレクトリがないこと(エラー)を確認
  • シンボリックリンク張り替え
sudo -u www-data ln -s /path/to/directory/bookstack/images images
# 筆者環境
# sudo -u www-data ln -s /mnt/wasabi/bookstack/images images
  • リンク張り替え確認
ls -la images
# 別パーティションに作成したフォルダに向き先があることを確認します

設定反映と反映確認

  • Webサービス再起動
sudo systemctl restart apache2.service
# 念のためWebサービスを再起動します。
  • 設定反映確認
  1. BookStackに管理者権限でログインします。
  2. ファイルをアップロードできることを確認します。
  3. 上記、格納先パーティションに、新しくファイルが作られていることを確認します。

BookStackサイトの後処理。

幸いなことに、既に構築しているサービスと連携させることができました。

それを更に発展させます。

概要

BookStackにあるヘッダーを用いて以下を行います。

  1. フォント変更
  2. Matomoトラッキングシステムの追加

設定方法

BookStackに管理者権限でログインします。

フォント変更

設定>カスタマイズ>カスタムheadタグに進みます。

以下のコードを入れます。

  • フォントは適宜、指定してください。
  • 著作権などの問題から、フリーのフォントを強く推奨します
<style>
  body {
    --font-body: 'TakaoPGothic', Regular;
    --font-heading: 'TakaoPGothic', sans-serif;
    --font-code: 'TakaoPGothic', monospace;
  }
</style>

Matomoトラッキングシステムのコード追加

※この操作は、別にMatomoトラッキングシステムを運用していることが前提です。※

上記の</stile>に続けて、以下のようなコードを入れます。

<!-- Matomo -->
<script>

<!-- Matomoシステムで提示されたトラッキングコードを貼り付け -->

</script>
<!-- End Matomo Code -->

設定後の確認

以下を確認します。

  1. BookStackでの表示が指定したフォントであること。
  2. Matomoトラッキングシステムで、サイトの閲覧記録を見ることができること。

これからの課題

日本語フォントは表示されましたが、PDFがうまくエクスポートできません。(htmlやMarkdown形式のエクスポートは可能)

これを修正しつつ、コンテンツを増やしていきます。

AWS LightsailにBookStack構築。

BookStackの構築がうまくいき、「これは使えそうだ」と思ったので、AWS Ligtsail上に構築しました。

やったこと

サイト構築

上述した通りです。

ログローテーション設定

https://barrel.reisalin.com/books/bookstack/page/bookstack

/etc/logrotate.d/bookstackに

/var/log/bookstack/*.log {
        daily
        missingok
        ifempty
        copytruncate
        rotate 10
        compress
        create 0640 www-data www-data
}

を作成しました。

Mod_Security設定

既に動いているので使わない手はありません。

https://barrel.reisalin.com/books/bookstack/page/bookstackmod-security

で連携させました。

ロゴ/バナー設定

既に「BarrelGazer」というサイト名をつけたので、それっぽいロゴやバナーをAIに描写してもらいました。

使ってみての感想

Scrapboxのように階層で区別できる上に「本棚」というイメージがお気に入りです。

しかも、描写が速いのが特徴。あとはMarkdownの自動補完があれば言うことなしですが、そこはローカルで動かしているGrowi環境との連携です。

検証:BookStackサイト構築。

Redmineのプラグイン、knowledgebaseのようなWiki編集/公開システム「BookStack」を検証機に入れてみます。

https://www.bookstackapp.com/

前提

こちらが既に動いています。

  • Ubuntu 20.04
  • Apache 2.4系
  • MySQL 8系
  • PHP 8.1系

また、このサイト用のドメインを有しており、ドメインに即した証明書も発行済みです。

さっくりとした手順

  1. composerをインストールします。
  2. DBを作成します。
  3. BookStackをダウンロードします。
  4. BookStackの設定を行います。
  5. Apache設定ファイルを用意します。
  6. Webサービス再起動後、設定を反映します。

Composerインストール

  • インストール
cd /hoge
# 任意の作業ディレクトリに移動します
sudo php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
sudo php composer-setup.php
sudo php -r "unlink('composer-setup.php');"
sudo php composer.phar install --no-dev --optimize-autoloader
  • バージョン確認
composer --version
# バージョンが表示されることを確認します。

DBを作成します。

mysql -u root -p
CREATE DATABASE bookstack;
CREATE USER 'bookstackuser'@'localhost' IDENTIFIED BY 'password';
GRANT ALL PRIVILEGES ON bookstack.* TO 'bookstackuser'@'localhost';
FLUSH PRIVILEGES;
EXIT;

DB名/パスワードはポリシーに応じて適切なものを指定します。

BookStackの配置

  • プログラム配置
cd /home/www-data
# パーティションの都合上、/home/www-dataに置いています。
# 環境に合わせて適切なWebサービス公開ディレクトリを指定してください。

sudo git clone https://github.com/BookStackApp/BookStack.git --branch release --single-branch 
sudo chown -R www-data:www-data BookStack
cd BookStack
  • 設定ファイル編集
sudo cp -pi .env.example .env

教義・信仰に沿ったエディタで以下を編集します。

APP_URL=https://hoge.example.com
# 公開用URLを指定します

# Database details
DB_HOST=localhost
DB_DATABASE=bookstack
DB_USERNAME=bookstackuser
DB_PASSWORD=password
# DB名、パスワードなどは先ほど作成したものです。
  • マイグレート
sudo php artisan key:generate
sudo php artisan migrate --force
sudo php artisan db:seed --force

Web公開用のファイルを作成します。

  • 作成するファイル(要管理者権限)
/etc/apache2/sites-available/bookstack.conf
  • 作成内容
<VirtualHost *:80>
    servername hoge.example.com
    # ドメイン名を指定します
    RewriteEngine On
        RewriteCond %{HTTPS} off
        RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
# HTTPアクセスを強制的にHTTPSにリダイレクトします
</VirtualHost>

<VirtualHost *:443>
    ServerName hoge.example.com
    # ドメイン名を指定します
    CustomLog /var/log/bookstack/bs_access.log combined
    ErrorLog /var/log/bookstack/bs_error.log
    DocumentRoot /home/www-data/BookStack/public
    # 自身の環境に合わせます
    <Directory /home/www-data/BookStack/public>
    # 自身の環境に合わせます
        AllowOverride All
        Require all granted
        Options +FollowSymLinks
        RewriteEngine On
        RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
        RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
        RewriteRule ^ index.php [L]
    </Directory>

#SSL設定
  SSLEngine on
    Protocols h2 http/1.1
  # SSLを有効化します

SSLCertificateFile /etc/certs/example.com.crt
# SSL証明書を指定します
SSLCertificateKeyFile /etc/private/example.com.key
# 秘密鍵を指定します

# SSLCACertificateFile /etc/certs/example.com.CA.crt
# 中間証明書が発行元から別ファイルで提供されている場合は、この直上をコメントアウトして中間証明書を指定します

#セキュリティヘッダー付与

    Header always set Strict-Transport-Security "max-age=63072000"
    Header set X-Content-Type-Options "nosniff"
    Header always append X-Frame-Options "SAMEORIGIN"
    Header set X-XSS-Protection "1; mode=block"

</VirtualHost>

SSLProtocol             all -SSLv3 -TLSv1 -TLSv1.1 -TLSv1.2
SSLCipherSuite          ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384:EC6-GCM-SHA384
SSLHonorCipherOrder     off
SSLSessionTickets       off

SSLUseStapling On
SSLStaplingCache "shmcb:logs/ssl_stapling(32768)"

設定を反映させます。

  • 設定ファイル追加
sudo a2ensite bookstack.conf
sudo apache2ctl configtest
# Syntax OKを確認します
  • Webサービス再起動
sudo systemctl restart apache2.service

インストール確認

https://設定したドメイン

でアクセスします。

以下のログイン画面が出れば成功です。

  • admin@admin.com
  • password

が初期パスワードです。ログイン後、直ちにアカウント情報を設定してください。

今後

  • 現在運用しているサイトへのインストール
  • セキュリティ強化
  • 画像保存ディレクトリの設定

等を行っていきます。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén