タグ: CHUWI Hero Box Pro

2台目の自宅サーバ。(Chuwi Herobox Pro 2台目)

先週手に入れたChuwi Herobox Pro。

  • 取り回しが良く
  • 無音
  • 小型

ということで、こうなりました。

2台目、到着。

2台構成にすることにより、相互にバックアップを取ることができるとの判断です。

そして、もう一台置いてもスペースを取らないコンパクトさも購入のハードルを下げました。

改めての開封確認

小型ながら、インタフェースの多さには驚かされます。

  • USB3.0 ×2
  • USB2.0 ×2
  • Micro SDカードスロット

それに加えて蓋を開けるとSSDをそのまま取り付け可能。ホームユースとしては必要十分な容量が確保できます。(今回は1TBのSSDを同時に注文しました)

OSインストール

1台目がLinux Mintだったので、こちらはKubuntuにしました。

画像

カーネルを差し替えることなく有線が認識。

早速、DNSを構築してそれぞれの向き先も変更です。

今後の展望

こちらはDNSだけではなく

  • Zabbixサーバの本番運用
  • redmineのバックアップ先
  • メディアサーバ

と、別のことにチャレンジします。

Chuwi Heroboxの有線接続化とNASマウント。

既知の問題点

  • 小さい
  • 無音
  • それでいて拡張性がある

ということで使い始めているChuwi Herobox Pro。Linuxを運用する上で

「オンボードNICを認識しない」

という問題点がありました。それを解決するために検索していたらUbuntu 20.04にはHeroboxに適合するドライバが入っていないとの情報にたどり着きました。

解決

以下の方法で解決しました。なお、入っているOSはLinux Mint 20.03(una)です。

  1. 無線LAN接続設定無効化
  2. 以下のコマンドを実行
aptitude install linux-image-oem-20.04d

機器再起動後、無事に有線接続を確認。後は無線に入れ込んでいたIPアドレス設定を施せば完了です。

こうして、接続も安定化したのでもう一つの解決策にも着手します。

NASのマウントとバックアップ向き先変更

先日、「MySQLのバックアップ先をUSBメモリにする」暫定作を書きましたが、もっと容量があって冗長化されているところ:NASに変更します。

これを元にNASをマウント。mysqlのバックアップ先も以下のように変更します。

#!/bin/sh

SHELL=/bin/sh
PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin

cd /home/manualmaton/bin
mysqldump --defaults-extra-file=dbaccess.conf --no-tablespaces -h localhost redmine > /path/to/NAS/Directory/redmine_backup.`date +%Y%m%d`

これで、平常時のDBバックアップもうまくいきました。

後は、redmine全体のバックアップ設計を考えていきます。

Chuwi HeroboxにLinux Mintをインストール。

導入したファンレス小型PC・Chuwi HeroboxにはWindows 10がプリインストールされておりますが、それは日の目を見ることはありませんでした。

OSインストール

今回はUbuntu系で比較的軽いLinux Mintを使いました。

下準備

  1. Linux Mint公式サイトからISOイメージをダウンロードします。
  2. RufusでUSBブートディスクを作ります。
  3. Heroboxに500GBのSSDを接続します。

インストール

redmine専用サーバにするため、ディスクの割り当ては

  • 増設した500GB SSD:/var
  • 元々の256GB SSD:/ およびスワップ

としてOSインストールは完了。

固有の問題

問題なく動きましたけれどLinux Mintのファームウェアの関係か、有線LANを認識してくれませんでした。

無線LANで運用するのでそこは割り切ります。

Linux Mint初期設定

以下を施しました。

  1. aptitude updage → upgradeでパッケージを更新
  2. IPアドレスを固定
  3. 以前作成していたローカルDNSサーバ設定
  4. それに伴いIPv6を無効化

後はSSHを入れてWindowsターミナルから接続を確認しました。

次はredmineとプラグインのインストールです。

redmine専用サーバ導入。(Chuwi Herobox Pro開封)

以前の思考実験の続きです。

自分が思っていた以上にredmineに依存していたことが分かり、「専用のサーバを新たに立てる必要がある」という結論。

そこで、その時に挙げた条件を満たすPCが見つかりましたので入手しました。

Chuwi Herobox Pro

CPUはそれなりですが

  • ファンレス・省電力設計
  • 無線LANもあるのでIPを複数つけられる
  • Webサーバには十分な8GBメモリ
  • SSDを別に搭載可能。
  • MicroSDスロットがあるため冗長化できる

と、カタログスペックは十分です。また、このメーカーのWindowsタブレットはお世話になったので、そこを信じました。

開封

驚くほど小ぶりなパッケージ。フィギュアと並べてもこの通りです。

SSDスロット

蓋を開けるとSATAのSSDを格納できるスペースがありました。そこに500GBのSSDを取り付けることにします。

今後の計画

以下を実施し、随時アップデートしていきます。

  1. HeroboxにLinuxをインストール
  2. Linuxの基本設定
  3. Redmineのインストール

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén