僕は1999年〜2000年にも英国のカンタベリーに滞在していました。

そんな縁があって、父が09年7月に遊びに来た時に「行ってみたい」との希望があったので案内したのです。

image

カンタベリー中心有名な建物”Old Weaver’s House”。その名が示す通り、中世に建てられた機織り職人の家です。その脇にある堀でボート巡りがあるということで早速参加です。

image

水草まで見えるクリアな水。白鳥が我感せずとばかりに漂っています。

image

ヴェネツィアとまではいきませんが、家屋のすぐ脇を縫うようにボートは進んでいます。英国で一番美しいと言われる6〜7月の季節をゆったりとした速度で味わいます。

image

途中、低い橋をくぐりぬけるので、船頭が実に見事な上体逸らしを披露してくれました。

image

船から降りた後も水辺を散歩。水と森のコントラスト。この写真を見るだけでも当時の空気感を思い出してしまいます。