様々な状況下で様々な釣りを楽しめるSteamゲーム『究極の釣りシミュレータ』。

餌釣りで大物が釣れるようになってきましたので、他の釣法を試してみようと海外記事を漁っていたらちょうどいい記事を見つけました。

Ultimate Fishing Simulator – Beatsy Lake (Easy Fishing)

https://gameplay.tips/guides/1655-ultimate-fishing-simulator.html

こちらによりますと、

  1. 靴べらのようなスプーンリールを購入する。(サイズは3~5)
  2. リールの巻き取り速度を3にして、ドラグを最大40にする。
  3. できるだけ遠くに投げ、地面についたらリールを巻き続ける。(途中で止めない)魚がかかったら巻き取り速度を5にしてつり上げていく。

早速、最初の湖でチャレンジです。

靴べらのようなスプーンリール、こちらです。

この通りにすることで、本当に疑似餌で魚を釣ることができました。

ここからは大物を釣り上げるため、ゲームでの下準備。

  • お金を貯めて、大物に耐えられるロッドやリールを購入する。(特に最初のリールは60mほどしか釣り糸の許容量がないため、10kg超えの魚に逃げられます)
  • すくい網を購入する。(設定で自動ですくえるようにしました)
  • 針のサイズは5。

そして、10kg超えのマスにチャレンジ。

  • 上記アドバイスでは底に着いてからリールを巻いていたが、2mぐらい落ちたところから巻き始める。(『ストレート』と右下に表示される
  • 魚がかかった瞬間、マウス中ボタンを押してドラグをオフ。ホイールで抵抗を0にする。
  • ある程度魚に暴れさせ、疲れた頃合いを見て少しずつ巻き取っていく。(糸が切れないよう調整しながら)
  • 魚が巻き取ってきたらドラグの抵抗を上げていくが、魚によっては残り10mぐらいで最後の抵抗を試みるので油断は禁物。

20kg超、140cmという現実で釣り上げたらニュースになるようなニジマスが釣れました。

これだけのニジマス、さばくのにも一苦労でしょうし、さぞや食べがいがあるだろうと考えてしまいました。