タグ: Zabbix

自室内サーバの監視・運用状況。

本格運用一ヶ月経過

「検証機ではなく、redmine専用サーバを作る。そのバックアップサーバも用意して監視する」を初めて一ヶ月。

そこで少し見えてきたことを報告です。

ディスク使用量

バックアップサーバ兼Zabbixサーバ

写真アルバムもあるので/home領域は結構利用しています。場合によってはSSDの差し替えも考慮に入れます。

redmine サーバ

redmine は余裕の容量。ただ、データは確実に膨れ上がるので、注視する必要があります。

CPU 利用率

夜中の3時に少し上昇。これは

ClamAV でウイルススキャンを行っている状態。逆に言えば、この上昇率があることで定期スキャンは動いていると判断できます。

今後の展望

  • バックアップサーバの容量不足は今年中に考えておく。
  • redmine は予定通り。
  • 各種障害に対する備えを決めておく。

自宅サーバの監視システム。(Ubuntu 20.04にZabbix追加)

Zabbixサーバ追加

宅内サーバの障害の切り分けのため、監視システムであるZabbixを導入しました。

環境

  • Kubuntu 20.04
  • MySQL / Apache導入済み

手順

LAMP設定

aptitude install libapache2-mod-php
aptitude install php php-mbstring php-gd php-xml php-bcmath php-ldap php-mysql

PHP構成変数の更新

vi /etc/php/7.4/apache2/php.ini
変更内容
memory_limit 256M
upload_max_filesize 16M
post_max_size 16M
max_execution_time 300
max_input_time 300
max_input_vars 10000
date.timezone = 'Asia/Tokyo'

Zabbix リポジトリの設定

wget https://repo.zabbix.com/zabbix/5.0/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_5.0-1+focal_all.deb 
dpkg -i zabbix-release_5.0-1+focal_all.deb

Zabbix サーバのインストール

aptitude update
aptitude install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php zabbix-agent zabbix-apache-conf

Zabbixデータベースとユーザの作成

mysql -u root -p 
CREATE DATABASE zabbixdb character set utf8 collate utf8_bin; 
CREATE USER 'zabbix'@'localhost' IDENTIFIED BY 'パスワード'; 
GRANT ALL PRIVILEGES ON zabbixdb.* TO 'zabbix'@'localhost' WITH GRANT OPTION; 
FLUSH PRIVILEGES;
quit
cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql 
zcat create.sql.gz | mysql -u zabbix -p zabbixdb

Zabbix構成の更新

vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
ファイルの内容
  DBHost=localhost
  DBName=zabbixdb
  DBUser=zabbix
  DBPassword=パスワード

zabbix有効化

systemctl enable zabbix-server 
systemctl restart zabbix-server

ディレクトリ権限変更

ここで [サーバIPorドメイン/zabbix]を入力しましたが404 Not Found。以下を施しました。

cd /usr/share
chown -R www-data:www-data zabbix
systemctl restart apache2

その後、インストーラ画面が出てきたので後に続きます。

サーバ追加後

このように、監視システムが現れました。

  • 監視設定の精査
  • メール通知などの追加

が残っていますけれど、まずは一歩前進。

余談

Zabbix-AgentはWindowsにも対応しています。そこでメインで使っているデスクトップにもAgentを入れてみたら

  • マザーボード備え付けのLANポートが認識しない
  • 同様にマザーボードのサウンドも認識しない
  • 壁紙設定が強制的に上書きされる

などの不具合が発生し、やむなくWindowsからエージェントをアンインストールしました。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén